PCがIT機器の性能を持つことで常時インターネットにつながる機器へと進化しクラウドの有用性が高まっていきました

これが良かった!IT機器とPC製品を紹介

PCがIT機器の性能を持つことでクラウドの有用性が高まった

いつの間にかクラウドを利用したサービスが人々に普通に使われています。データをクラウドに置くことでPCに固定しておくことよりも自由度が増すからです。これまでPCの代表的なOSと言えばマイクロソフトのWindowsシリーズであることは間違いないでしょう。まずPCのハードウェア仕様を統一化してメーカーを越えて同じWindowsを利用できるスタイルを確立しました。WindowsにOSが統一されたおかげでユーザーはデータのやりとりがかなり自由になったはずです。しかしPCがIT機器の性能を持つことで、常時インターネットにつながる機器へと進化し、データを一元化するクラウドの有用性が高まっていきました。実はクラウドを利用するとWindowsを使わなくてもiOSやAndroidでデータを見ることができてしまいます。そうなるとWindowsの優位性が少し揺らいでしまいます。

スマートフォンの一番人気と言えばiphoneですが、これにはアップルのiOSが搭載されています。対してgoogleがリリースするAndroidも幅広くスマートフォンで利用されています。どちらもWindowsではありません。クラウドを利用すればWindowsを使わなくてもiOSやAndroidでデータの更新や保存、共有はできてしまいます。これからマイクロソフトもスマートフォンやタブレット市場に打って出るようです。これからのPCはクラウドを利用するための端末としての意義が大きくなりそうです。

Copyright (C)2019これが良かった!IT機器とPC製品を紹介.All rights reserved.