IT機器においては、熱の処理が大事です。通常PCではファンは一つですが、二つで処理しているものがあります。

これが良かった!IT機器とPC製品を紹介

IT機器では熱の処理がされるPC

家電製品は電気を使います。電気を使うときに発熱することが多いです。冷蔵庫などでは、後ろの部分が熱くなっているのを知っている人はいるでしょう。テレビなども触ってみると熱くなっていることがあります。電気を使っていると熱くなるのですが、これは家電製品にとってはあまり良いことではありません。熱に強い部品もありますが、弱い部品もあります。あまり熱が高すぎると、誤作動の原因になることもあります。使用時間に気をつけなければいけないこともあります。

IT機器においては、PCも電気を良く使います。こちらも非常に熱くなることが知られていて、ノート型の場合、膝に乗せて長時間操作をしないようにといわれています。最初はそれほど熱を感じないのですが、その後高温になるのです。長時間利用し続けると、低温やけどをすることがあるのです。中には一応空冷のための装置がついているのですが、すべての熱を処理できるわけではありません。手をのせて入力するときも注意しなければいけません。

通常は冷却装置として、ファンを一つ組み込んでいるものがあります。機械の中の熱い空気を送り出すものです。でも熱くなってくると、その処理以上に熱くなります。ある機械においては、2つのファンを用意しいます。一つは、外気から冷たい空気を取り込むものです。もう一つは、機械内部の熱い空気を外に逃がすものです。その2つが機能することによって、冷却を進めることができたそうです。膝の上に乗せながらでも問題ないくらいになっています。

Copyright (C)2019これが良かった!IT機器とPC製品を紹介.All rights reserved.